お酒を飲み過ぎてしまったり、泣いて涙を流しすぎたり、睡眠が不足しすぎたりで、まぶたが腫れぼったくなると外に出られませんよね。そんなときに、すぐ効くまぶたのはれを解消する方法をご紹介します。朝顔腫れなど症状を解消するためには、血流やリンパの流れを促して、ムクミやたるみを撃退することが重要。

qxq01001517
 

  

 リンパ節が集まっている脇の下を集中的にマッサージ。右手の親指以外の4本の指を、脇の下にギュッと押し入れ、円を描くように15回動かします。反対側も同様に行いましょう。ちょっと痛気持ちいい程度の強さでマッサージするのがポイント。耳を引っぱりながら前方向にグルグルと回しましょう。次に後ろ方向も同様に回します。前後15回ずつ回し終えたら、耳の後ろに人さし指、中指、薬指の3本をあて、鎖骨に向けてリンパを流すようにマッサージ