リンパの流れが悪くなるとリンパに沿って肌荒れを起こしやすい、リンパマッサージで流れを促すのです。いくらスキンケアを入念に行っても、この流れが悪いといつまでも肌荒れが続くと思う。マッサージなど、外部からの刺激を利用して、物理的にとりのぞくのが解決できます。

 生じた肌の疲労物質は、マッサージで追い出すのが理想的です。さもないと、日に日に雪だるま式でたまってしまうからです。そこで、このニキビ跡の原因をなくすするためにはマッサージがポイント。停滞しがちな血液やリンパの流れを促します。

  1111
 

 
 人差し指、中指、薬指3本指で、ちょっと力をかけて軽く押す、両外側(耳)に向かって流します。まず両方の口角から、そして、小鼻の両脇から外側に向かって流します。顔から首、鎖骨へと押し流されて脇下のリンパ節に溜まった老廃物を最後にしっかり押し流す。

   12月おすすめマッサージ店: 飯田橋駅マッサージ